息子と向き合う時間と携帯を覗く時間

スマホがすっかり主流となったこの時代ですが、私たち夫婦は未だにガラケーを使っています。
でも4歳の息子は、スマホゲームが大のお気に入り。
同居しているお婆ちゃんの部屋に遊びに行く内に、すっかりスマホゲームをマスターしてしまったのです。
庭に猫を集めるゲームや腹ペコ青虫のゲームを、お婆ちゃんのスマホを借りて遊んでいるようです。
最近の子はスマホにばかり夢中になって、とよくいわれますが、その原因を作っているのは大人であり、家族なんだと思わされます。

ガラケーながらテトリスが好きな主人は、DVDを観ている息子を膝に乗せながらテトリスに夢中です。
DVDの内容など見ようともしないので、息子に質問されても全く耳に入っていません。
そんな夫を横目に、私は家事をこなしつつ、ストーリーを追いながら息子と話をします。

そんな偉そうなことを言う私だって、気付けばショッピングサイトを見ています。
息子との遊びや会話に支障がないよう、息子の前ではなるべくケータイに触らないようにしていますが、それでも度々ケータイを操作する私の姿を息子が見ていないはずがありません。

いずれ友達と連絡を取るためにスマホを欲しがるようになるだろう息子。
それまでは、一緒に外で遊び、向かい合ってたくさん話をする時間を大事にしようと思います。http://xn--frequrell-zx4htohg0clc.xyz/